HOME > ブログ >2012.05.19 達人(一歩手前)の技 初動作編

box-u

2012.05.19 達人(一歩手前)の技 初動作編

綾嵩への色紙

 

東桃谷昇級試験の話を書こうと思っていましたが、今週土曜の都島の方でも試験がありますので、終わってから書かせてもらおうと思います。


今回のブログは、初動作。


テコンドーの試合で勝つのに非常に大きなファクターになってきます。
スピードだけあっても、上手い相手には蹴りが当たらないんですよね。



重要なのは「初動作」


例えば、通常の中段蹴り、おおざっぱに


1:蹴るぞ!と脳が筋肉に伝達
2:踏ん張りが入る(力の溜め)
3:蹴りだす
4:蹴りが相手に届く


という風に分解できます。

ですので、例え筋力に自信があっても「3〜4」間のスピードのみ。
「1」「2」の精度を上げないと、本物の速い蹴りにはなりません。



今回は、上記の「2」の改善の方法です。


蹴りだす前に溜めが入ると、
今から、蹴りますよーっと
相手に合図を送ってから蹴っているのと同じ事になります。


それを誤魔化すのが「フェイント」
蹴りだしのモーションと同じ動きをする事により、誤魔化す事ができます。


もう1つは脱力(瞬発的な力の発揮)と
筋繊維の捻り(外面的な変化を見せずに力を溜める)。


下記の動画を見てもらえば分かるのですが
いつ攻撃を繰り出すか分かります?



寸勁破板




文章では説明し辛いのですが


筋肉を脱力させ、(瞬間に爆発的なスピードを出すため)
且つ
外面的な変化を見せずに筋繊維をねじって溜めを作り
更に
攻撃時に全身を使って攻撃する事により
あのような攻撃が出来ます。
多分…笑


普通に構えている状態が、振るスイングの攻撃前の溜めを作っている状態と同じなんですね。


自分がその考え方で蹴っているのが、
プッチョ(前足からのスライド蹴り)。
まだまだお手本には出来ないのですが、参考までに




1モーション無駄な溜めが入っているのが分かると思います。。
この蹴り、練習中です。
目標は1挙動!
当たった後に相手が気付く位になれれば本物です!





見学・体験大歓迎です。
また、他武道の方の出稽古も大歓迎!


ご質問がございましたら遠慮なくお尋ね下さい
大阪(生野、都島、鶴橋、桃谷、京橋)で活動しているテコンドー道場。
代表:新島由浩(にいじまよしひろ)
TEL:090-6732-8795
Mail:tkd.nyi@gmail.com
URL:http://nyit.web.fc2.com/


下ボーダー
無料で集客 KOGLE 格安高品質ホームページ製作 蹴り技通信教室 テコンドーオンライン 閃舞館テコンドー教室フェイスブック

メインメニュー

サブメニュー

その他のメニュー

お問い合わせ

  • tkd.nyi@gmail.com
  • 090-6732-8795
  • 新島由浩
  • 生野・都島で活動中!
  • 桃谷・鶴橋・寺田町
  • 玉造・森之宮・京橋
  • 天満・桜ノ宮など
inserted by FC2 system