HOME > ブログ >2013.12.19 いじめと喧嘩

box-u

2013.12.19 いじめと喧嘩

 

久しぶりにブログを書きます。
今日は、内の少年部門下生の話です。


つい先日、親御さんから 


「息子が学校で喧嘩をした。」

との電話がありました。



ゆくゆく話を聞くと
ちょっかいを出してきた子3人に対して喧嘩を売り、1人で3人ともやっつけたとの事でした。

武道と喧嘩

自分も怪我を負い、相手の子も鼻血が出たらしいですが、
その3人というのは
その子よりも体格の大きな子で、常習的に嫌がらせを繰り返していたようです。

他のクラスメイトも、その子が悪くないと証言してくれ
先生も正当防衛だと、3人の親御さんに言ってくれたようでした。



その子は
「やったった」
と言うのでもなく、

「テコンドー教えてもらってるのに、喧嘩してごめんなさい」

と言ったようです。

喧嘩はテコンドーで使う物でない

喧嘩をする事自体は、良いとは言えませんが
悪いとも思いません。


ただ、1つ思う事が



集団で苛める方も弱い人間ですが
苛められ、行動を起こさないのも弱い人間だと思います。



苛めを非難しても、苛めがなくなるわけではありません。

一番大事なのは、状況を変える為にどうすればいいのか考え、立ち向う事だと思います。



なんにせよ、生徒が強くなってくれて嬉しく思います!


相手が自分より大きかろうが、
人数が多かろうが、どんなにコンディションが悪くとも、行動を起こして頑張らない限りどんなそれっぽい事を言っても、それは全て自分の小さなプライドを守るための言い訳です。


変なプライドは捨てましょう



ここからは、自慢なのですが、
後輩や自分の教え子にそれを実際に見せて証明したかったので、
私は55キロほどですが、80キロ代の相手3人、70キロ代の相手1人に試合で勝ちました。
そのうち2人は全日本1位、2位も含まれてます。


※ 通常テコンドーは階級が5キロ刻みくらいで分かれていますが、出場人数が少なく4階級合同、昔は無差別級の団体戦もありました。



もちろんそれを成し遂げれたのは、教えてくれる師範、一緒に練習してくれた仲間が居てくたこそですが
身体が小さくとも、年をとっていても頑張れば可能性は0ではありません。



男女関係なく、ほしいものがあれば努力して強くなるのが近道です!
来年はそんな子がまた増えてくれるよう、練習方法を工夫し、頑張っていきたいと思います!



内の道場は
幼児〜ご年配の方
主婦の方、親子で楽しく練習されている方もいます。

また、試合に勝ちたい選手には成し遂げれる環境も作っております。
他武道で蹴り技の向上を図りたい方も大歓迎です!

お気軽にお問合せくださいね。


 



見学・体験大歓迎です。
また、他武道の方の出稽古も大歓迎!


ご質問がございましたら遠慮なくお尋ね下さい
大阪(生野、都島、鶴橋、桃谷、京橋、梅田)で活動しているテコンドー道場。
代表:新島由浩(にいじまよしひろ)
TEL:090-6732-8795
Mail:tkd.nyi@gmail.com
URL:http://nyit.web.fc2.com/
URL:http://senbukan.com/


下ボーダー
無料で集客 KOGLE 格安高品質ホームページ製作 蹴り技通信教室 テコンドーオンライン 閃舞館テコンドー教室フェイスブック

メインメニュー

サブメニュー

その他のメニュー

お問い合わせ

  • tkd.nyi@gmail.com
  • 090-6732-8795
  • 新島由浩
  • 生野・都島で活動中!
  • 桃谷・鶴橋・寺田町
  • 玉造・森之宮・京橋
  • 天満・桜ノ宮など
inserted by FC2 system